Windwos 7について(1)


次世代Windows OSである『Windows 7』。
見事にコケてしまった『Windows Vista』の尻拭いをできるのか!?

mark 日本語版の発売日
米国での発売は2009年10月22日と発表されているが,気になる日本語版の発売日は!?

Vista時同様,米国と同日の

2009年10月22日発売

ということが米Microsoft公式ブログでいち早く発表されてしまった。
日本法人のMicrosoftは

詳細は2009年7月7日に発表

としているが,本家のほうで公表されてしまった。
ちなみに日本語以外に同日発売される言語は
  • 英語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ロシア語
  • ポーランド語
  • ブラジリアン・ポルトガル語
  • 韓国語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • 中国語(香港)
だそうだ。

mark Windows 7の種類
Vista同様複数のEditionが用意されている模様。
Microsoft公式サイトで確認できる種類は5つ。
Starter / Home Premium / Professional / Ultimate (/ Enterprise)
※一時,Starterは「同時起動アプリケーションは3つまで」という制限がかけられていたが,5月29日にこの制限を撤廃することを発表。
※新興国市場向けの「Home Basic」というEditionも存在していたが結局今どうなっているのか?なくなったのか?

以下からは公式サイトなどのEditionごとの説明を見ての自分の独断と偏見で語ります。

arrow Starter
主にUMPC(ウルトラモバイルPC)向けと想定。
「同時実行アプリ」制限が撤廃されたとはいえ,搭載機能が少ない。
AeroやWindows Media Center,XP Mode(Windows 7の新機能)などの利用ができない。
ウリは
ホームネットワークやワイヤレスネットワーク,プリンターなどのセットアップの簡易化。

arrow Home Premium
一般ユーザー向けのEditionと想定。
市販されるPCにプリインストールされるであろうEdition。
Aero系使用可能,Windows Media Center使用可能(Blu-ray の読み取り / 書き込みをサポートほか)
Windows XP Modeは使用できない。

arrow Professional
「Professional」復活。Vistaでいうところの「Business」に相当。
Home Premiumほどではないだろうが,市販PCにもプリインストールされると想定。
(もしくは最初はHome Premiumだがアップグレードとか。)
このEditionで初めてWindows XP Modeが使用可能に。
他には,ドメイン参加や自動バックアップ機能が使用可能。
ビジネス用途の意味合いが強いかも。

arrow Ultimate
Windows 7最上位Edition。
すべての機能が使用可能。
Ultimateの機能として,多言語(全35種類)対応で切り替えが可能。

そしてもう一つ。

情報化のご時世で,情報漏えいやクラッキングなどのニュースも後を絶たない日々で,
実はこの機能重要なんじゃないか!?
と思える機能がこのUltimate(とEnterprise)でしか使えない。

それは
BitLocker

ドライブ丸ごと暗号化。
仮にデータが漏えいしてしまっても見ることができなければ意味がない。
パスワードかけてもスゴ腕のハッカーならちょっと時間をかければ破られてしまう。
BitLockerは,そのパスワードも含めてBitLocker機能を有効にしたドライブ(USBやポータブルHDDも)全体を暗号化してくれる機能だ。

この機能,せめてProfessionalにも搭載してくれないかな(´・ω・`)

arrow Enterprise
企業向けのEditionで一般販売はされない。
Microsoftのソフトウェアアシュアランス(SA)というボリュームライセンスのオプションを購入したユーザーに対してのみに提供される。

位置づけ的にはProfessionalと同じかと思われるが,ProfessionalにはないBitLockerが付いている。
それ以外にもProfessionalにはない機能が(BitLocker含め)主に7つあるという。
機能名だけ列挙。
1.DirectAccess
2.BranchCache
3.エンタープライズ検索
4.BitLockerとBitLocker To Go
5.AppLocker
6.Virtual Desktop Infrastructure(VDI)の最適化
7.多言語ユーザー インターフェイス
おそらくProfessionalは個人または中小企業向けであり,一方Enterpriseは大企業向けということだろう。

あ,忘れていたがWindows 7のシステム要件は以下のとおり。
  • 1GHz 以上の32 ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサー
  • 1GB RAM(32ビット)または2GB RAM(64ビット)
  • ハードディスク空き領域16GB(32ビット向け)または20GB(64ビット向け)
  • WDDM 1.0 以上のドライバーを搭載したDirectX 9対応グラフィックス デバイス

参考:Windows 7について(Microsoft公式サイト-JP)
参考:Windows 7 Enterpriseについて(Microsoft公式サイト-JP)

こんな記事も見つけたので興味のある方はどうぞ。
Windows 7は古いPCでも動く? RC版を7台に入れて検証(日経トレンディネット)

次回予告
「Windows 7の新機能と価格」
もう紹介する順番めちゃくちゃだ oops
カテゴリー: Windows 7   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください