親孝行-実行編


東北関東大震災で被災し,亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りしますとともに,被災地の方々のご無事を願い,一日でも早い復興を願っております。

実はこの記事…
東北関東大震災(2011年3月11日)の直前に書き上がっていて,翌日に最終チェックをして投稿。
という考えだったのだが,東北関東大震災が起こったため投稿を自粛していました。
自粛というか…東北地方や千葉県旭市ほどの被害はないが,広い意味では一応ここ(千葉県船橋市)も被災地なので当初はそれどころではなかった。

計画停電でままならないが,ぼちぼち投稿再開(もともとそんなに投稿しているわけではないが ase1 )…というわけで…
実家のテレビ地デジ化作戦-実行編 smile

※アンテナについて,「準備編」の最後にこの「実行編」で掲載すると書きましたが,都合により次回の「後始末編」で掲載します。

2010年12月,予定通りお金が入った。

そして年が明けて,いよいよ本格化するテレビ事情。

思いの外,父親が楽しみにしているっぽい。
父親はテレビなんてほとんど見ないのに ase1

それはおいといて。
本腰を入れてテレビを探す。
実店舗はもちろんネットでも探す。
価格.comを毎日ガン見。
実店舗では平均価格は138,000円だった。
それに対しネットでは105,600円が最安値(2011年1月時点)。

この最安値をたたき出していたのは

デジタル家電通販いーでじ

というネットショップだ。
このネットショップは家電量販店ノジマが運営するネットショップだ。
ちょっと調べてみたのだが,この「いーでじ」というネットショップはもともとは株式会社イーネット・ジャパンという会社が運営していた。
イーネット・ジャパンはノジマの子会社として2000年に設立された。
しかし,2008年に親会社であるノジマに吸収合併され,ノジマの通販部門となっているらしい。
(Wikipediaより)

数日間,価格.comの様子を見ていたがいーでじが最安値の座を譲ることはなかった。

ちょうどららぽーとTOKYO-BAY(船橋)に行くことがあり,ついでにノジマ(ビビットスクエア南船橋店)に行ってみた。

目的のテレビ―TH-L37R2の展示―を見つけた。
価格を見るとたしか110,000円あたりだった(正確な価格を覚えていない…)。
よく見ると

現品限り

う~ん…

テレビの前で悩んでいると,すかさず店員が寄ってきた。
関東近辺ではもう在庫がないらしく,この展示品だけとなってしまうらしい。
たしかに他の家電量販店を見ていても展示があるのはヤマダ電機だけだったから全体的にもう在庫が薄いのだろう。

店員曰く

購入したらそれまで使っていたブラウン管テレビを無料で引き取ります

と。

このときは「テレビ引き取り」については重要視していなかったが,のちにこれが意外と大変だと気づく。
重要視していなかったため「現品」はちょっとなぁ…と思っていた ???

そこでちょうどいいと思い,いーでじの件をぶつけてみた。
その店員は調べに行ったのかその場を立ち去った。
しばらくして戻ってきて

ネットと店舗では在庫は別扱い

とのこと。

なるほど…仮に105,600円以下に値下がるようなら即決もあり得たのだが,どうもそれは雰囲気的にムリそうだ…これが店舗とネットの差か…というか部門が違うということは別管理なのか。

と思いその店を後にした。
この時点でいーでじで買うことを決めた。
カテゴリー: 小言(雑記)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください